熟睡できなくて困ってしまい、熟睡する方法を模索しました。

私は一時期、熟睡できずに困り果てていました。 寝てないからストレスからくるイライラも積もり、会社では同僚や上司の人と衝突したり、家庭もうまくいってませんでした。

熟睡する方法

寝ていても熟睡できていないので、夜中に何度も目が覚めたてしまったりすることもしょっちゅうありました。 朝早く目が覚めてしまい、その後眠れずに会社に行ったことも何度もありました。

寝れないと体と脳が休んでいないので、ストレスがどんどん溜まっていきます。ストレスが溜まると今度はイライラが出てしまい、人間関係がうまくいかなくなります。 最初は家庭でも会社でも相手が悪いと決めつけていましたが、実は熟睡できてない私のイライラ(寝不足からくるストレス)に原因があったのです。

自分自身に原因があったことに気づいてからは、熟睡できる方法をいろいろ模索しました。 探せば熟睡できる方法もたくさんありました。

熟睡したい!と思ってからは、いろいろな熟睡できる方法を試しました。熟睡できるアロマや音楽、自分でするツボの刺激や近所の整体医院まで、様々な熟睡できる方法を試してきました。 でもハッキリ言って私には、整体以外はどれも期待するほどの効果は得られませんでした。

また、私が通う整体医院の先生から「自然体で熟睡するには寝具が重要です。」と教えていただき、使っていた寝具を枕を含め全て交換してみました。 これが私には大正解でした!

熟睡枕

おかげさまで今は短時間で熟睡できるようになりました。短時間で熟睡できるようになり、生活のストレスを感じなくなったのがとくに私には大きいです。

よく眠れるようになってからは、体調も以前の状態に戻り、肌荒れや便秘に悩まされることもなくなりました。

脳と体がしっかり熟睡できていると、朝から精神的なものが全然違います。目覚めも断然よくなり、私の勧めで父と母、最近では弟も熟睡できる枕を使うようになりました。 毎日しっかり熟睡(休める)するって本当に大切であることを知りました。毎日しっかり熟睡したいなら一度寝具を変えてみてください。 私の経験上、熟睡する方法の中では、寝具が占める割合がかなり大きいものになってます。

私が熟睡する方法を試して効果があったのは寝具(枕)です。

1位

【六角脳枕】脳科学の研究に基づき作られた熟睡枕です。

私が通う整体医院の先生から教えていただいた安眠できる枕が六角脳枕です。 調べたら、この枕は結構有名な枕で、スポーツ選手等も使っている枕でした。

現在、ネット限定特別価格になってます。

2位

【雲のやすらぎ】体圧分散できる浮圧敷き布団です。

これスゴイです。本気で手放せません!腰痛持ちだった母が大喜びしている浮圧敷き布団の雲のやすらぎ。 弟以外は家族全員がこれで寝ています。

特別価格、送料無料で購入できました。

3位

スリープドクターズピロー【安眠枕】

現在、父親と母親が旅行にも持参しているほど気に入ってる枕です。整体医院の先生から寝ながら肩こりも解消できる枕だと教えていただきました。

今なら特別価格で販売しています。

熟睡できる方法では熟睡サプリも試しました。現在、弟の愛用サプリです。

熟睡できる方法にはいくつか選択肢がありますが、現在、私の弟が愛用している熟睡サプリも一つの方法なので、ご紹介しておきます。 熟睡サプリは睡眠薬などの薬と違って、あくまでも健康食品です。

熟睡サプリ

健康食品なので飲み方の制限もとくにありませんし、副作用の心配もいりません。なので、弟も安心して愛用しています。

私も弟から熟睡サプリを分けて貰って飲んだことがありますが、安眠する効果は確かにあります。 どうしても眠れない、または旅行先や仕事先で熟睡したい場合などには、手軽に飲める熟睡サプリは評価できます。

熟睡できるサプリなら、下記2種類のどちらかがおすすめのようです。 弟は数種類の熟睡サプリを飲んだ中では、月の休息とスヤナイトαが一押しと言ってます。

熟睡サプリ

【月の休息】睡眠の質を上げてくれる熟睡サプリです。

睡眠時間の短めな方にオススメです。月の休息は、休息を高める成分とリラックスに導く成分がバランスよく配合されてます。 食品から摂れる天然成分のみを使用しているので、安全で安心して飲むことができるサプリメントです。

熟睡サプリ

【スヤナイトα】休息サポートアミノ酸の熟睡サプリです。

スヤナイトαも薬ではないので飲むタイミングも気にしなくて大丈夫です。さらに1日1カプセルでOK。寝る前に飲んでおくとリラックスできます。 睡眠ホルモンを生成するアミノ酸やバレリアンエキス、カモミールエキスなどがバランスよく配合。

その日のうちに体の疲れや脳を休めることが大事ですね。

睡眠は大切

一日頑張った体や脳の疲れは、その日のうちにゆっくり休めることが大切です。 寝ることは習慣なので、私は今まで睡眠をとることに対しては、あまり高い意識は持ってなかったです。

自分が実際、日々の睡眠が満足いかなくなって、精神的、または肉体的トラブルになってしまい、初めて睡眠を十分とること=熟睡することの大切さに気づきました。 おかげで今は毎日しっかり熟睡できるようになりました。

「夜中に目が覚めてしまう」「寝たつもりでも疲れがとれない」「なかなか眠りにつけない」、こんな場合は注意が必要ですよ。

睡眠不足が続くと、精神的・肉体的トラブルだけでなく、高血圧や糖尿病などの多くの病気にかかるリスクも高まるそうです。 毎日健康的で明るい生活を送るためには、一日頑張って疲れた体と脳は、その日のうちにゆっくり休息がとれる環境を整えてあげましょうね!