寝苦しい熱帯夜の対策とエアコンの温度設定について。

このところ毎年猛暑日が何日も続き、夜間でも25℃を下回らない熱帯夜。 ここでは夏バテや体調不良を防ぐ熱帯夜の睡眠について書きたいと思います。

熱帯夜続きで眠れない人におすすめのちょっとした快眠のテクニックです。

夏の夜に暑さで寝苦しいと感じている方は六割以上。 また、過半数以上の人が、熱帯夜はなかなか寝付けない!、夜中に目が覚めて熟睡できない!と答えています。

蒸し暑い熱帯夜はとても寝苦しくて、すっきり熟睡するのが難しくなっていますよね。 寝れないから疲れが翌日に残ってしまい、夏バテ気味の人も多いのではないでしょうか。 これでは不健康です。

快眠のための工夫も様々です。 しかし、例えば水分を多く摂って、エアコンを切って寝たりするのは間違いです。

そこで熱帯夜の快適な過ごし方と睡眠方法ですが、一晩中エアコンをつけておくことで理想的な環境で寝ることができます。 経済的な面や節電を考えると、一晩中エアコンをつけておくのは嫌だ!と言う人もいるでしょう。 しかし最低でも寝てから三時間は、エアコンをつけておくのが正解です。

深い睡眠をとるためには、入眠直後に深い眠りにつくことが大切です。 入眠直後は深いノンレム睡眠が比較的に長く現れます。 このように睡眠は最初が肝心です。 睡眠中は特に入眠時に体温が低いと良いとされています。 エアコンを上手に使って、快適空間を作りましょう。

熱帯夜のエアコンの設定ですが、温度を28度以上に設定して、除湿運転で除湿温度を50%〜60%に下げましょう。 湿度を下げることにより、体温を冷やし過ぎずに体感温度だけが下がり、眠りやすい環境になります。 暑い寝苦しい熱帯夜にぜひ参考にしてみて下さい。

熟睡する方法|トップページに戻る