熟睡する方法の飲み物は何がいいのか?

熟睡している女性

質の良い睡眠ってどんなものか?今回は質を高めるために今すぐ出来る事を考えてみました。 そこで、寝る前に何を飲んだら寝やすくなり、ちゃんと熟睡できるのかについて調べてみました。

栄養のバランスと運動習慣とをあわせて、毎日の元気の源は、やっぱり「睡眠の質」になるでしょう。 まずは睡眠の質を上げることで、スポーツや仕事だけでなく、日常生活の中で様々なメリットをたくさん感じられるようになりますよね。

よい睡眠とは、「寝つきがよい」、「ぐっすり眠る」、「寝起きすっきり」だと私は思っています。

飲み物や食べ物との睡眠との関係ですが、食べ物でいえば就寝の3時間前には夕食を済ませるのが理想だそうです。 食事後にすぐに寝てしまうと、体は消化活動を優先するために内臓が休息する時間が短くなります。 これは、同じ睡眠時間でも眠りが浅くなったり疲れが抜けにくくなったりします。 仮に帰宅から就寝までの時間がどうしても短くなりがちなときは消化の良いものを少量摂るだけにとどめておくのも一つですね。

温かい飲み物で眠気を促す方法もあります。 基本的に温かい飲み物は、内臓から体温上昇を促します。 体温が下がり始めるときに自然な眠気がおきるので、睡眠前のリズムをつくるのに温かい飲み物はおすすめです。 ただし、安眠効果を高めるためにノンカフェインのものを選びましょう。

よく眠るために寝酒をしている方もいるのではないでしょうか。飲酒直後に急激に体温が下がり、人は体温が下がると眠くなります。 確かにアルコールには入眠作用がありますが、アルコールは3時間ほど経つと分解され、睡眠を妨げる物質へと変わるのをご存知でしょうか。 つまり、寝酒が不眠に効くというのは錯覚なのです。 入眠には効いても浅い眠りを誘発し、熟睡を阻害してしまうのです。 出来ればアルコールの分解時間から逆算して、飲酒は入眠の3時間以上前までに終えるよう注意しておきましょう。

熟睡する方法|トップページに戻る