寝る前の過ごし方で変わる熟睡の方法。

夜快眠してスッキリと朝目覚められた日は日中もアクティブに気持ちよく過ごせますよね。

あくびをしている女性

できれば毎日快眠して、毎日を充実した生活を送れるように願いたいですよね。 そこで今回は、寝る前の過ごし方で変わる熟睡の方法について書きたいと思います。

朝に日光を浴びるのが良いように、実は睡眠は日中の過ごし方や寝る前の過ごし方で変わってしまうのをご存知ですか。

朝に日光を浴びることは太陽の光が網膜に入ります。 網膜に入ることで深部体温やセロトニン分泌のリズムを司る「体内時計」の乱れが調整されます。 また、明るい光は脳内の覚醒度合いを上げるため、目が覚めて意識もはっきりしていきます。 朝起きたらまずはカーテンを開けて、太陽の光を部屋に取り込むだけでも効果が見込めます。 熟睡するためにも日中はアクティブに気持ちよく過ごしましょう。

就寝前については、生活のリズムを整える上でも睡眠の2時間前までに食事を済ませるのが理想的です。 また、アルコールの摂取は適量を就寝3時間前まで。カフェインの摂取は就寝の5時間前までです。 カフェインには覚醒作用があるので注意が必要です。

テレビやパソコン、スマートフォンなどの電子機器の画面からは、入眠を促すホルモン・メラトニンを減らす「ブルーライト」が出ています。 操作によって脳の覚醒度合いも上がってしまうため、眠る1時間前、少なくとも30分前にはこれらの電源を切って、画面を見ないように心がけましょう!

熟睡する方法|トップページに戻る