熟睡できる薬を飲んでも不眠は改善しなかった私。

悩んでいる女性

参考のために私の睡眠薬を飲んだ体験談を紹介しておきますね。 私は高校卒業後、医療関係の職に就きました。 初めての社会人生活での緊張と夜勤もある不規則な生活のせいか、徐々に眠れない日が増えていきました。

とくに仕事の前の晩は、気が張ってなかなか眠れませんでした。 ようやく眠れても夜中の3〜4時に目が覚めてしまい、そこからまた眠れなくなります。 眠り自体も浅くて睡眠不足が蓄積していく一方でした。

疲れていると思って休みの日はとにかく横になりますが、それでも眠れるわけではありません。 公園に散歩に出かけたり、近所の川辺で自然に触れたりなどして気分転換を図ってはみるものの、それでも不眠はいっこうに治りませんでした。

寝れないからストレスが溜まってストレスがピークに達したときに会社でも人間関係のトラブルが続きました。 それでついに心療内科に行き、睡眠導入剤、いわゆる睡眠薬を飲むようになりました。

しかし薬を処方されても状況は一向に変わらず、薬の量は増えていきました。

薬では解決にならないと気づいたものの、一度飲み始めた薬は自己の判断では止められません。 それで後日クリニックの先生に相談して薬を止めました。

薬を止めて、つらい副作用からも解放されました。 そして・・・その頃出会ったのが知り合いの紹介の整体院の先生でした。 そこで初めて受けた快眠整体コース。 これが、首や肩、腰、疲労など、身体の不調を改善する整体コースで、睡眠に関する不調も改善してくれました。 私の不眠症状で寝付きが悪く、夜中に起きてしまうのは、身体のバランスも悪かったのですよね。 整体に通ってよくわかりました。

でも、今になって振り返ると、薬に依存して常習になる前に睡眠薬はやめて本当に良かったと思っています。

熟睡する方法|トップページに戻る